ルクセンブルク旅行記② 便りがないのは良い便り~Pas de Nouvelles, Bonnes Nouvelles~ 忍者ブログ

ルクセンブルク旅行記②

2016年10月28日

さてさて、ルクセンブルク旅行記その2です。

私のライフワークの一つである、世界遺産!!旧市街は高台の上にあるのですが、ガンガン道を下っていくと、いかに街に高低差があるのかハッキリ分かります。


ルクセンブルクは、要塞都市なのです。(やっと晴れてきていい写真がとれた!)




有料ですが、要塞の中に入る事ができます。これがまたダンジョンのように広大!
閉所恐怖症の方にはお勧めしません。あと階段が山ほどあるので、いいトレーニング。
そして、たまに見つかる窓からは、素晴らしい景色が見えるのです。


なんて美しい国なのでしょう!統一された上品な色合い(このグレーとベージュ&白)、尖塔の沢山ある教会たち、歴史を感じる町並み、どこからのビューをとっても高低差によって美しく見えます。ひゃー!たまりません。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

でも、我々のお楽しみはそれだけではございません。そうです、食です。
こんな小さな国だけど、名産はあるのかしら?と二人で調べてみたところ、白ワインとチョコレートが有名との事。そういえば、「モーゼルワイン」、聞いたことありますね。モーゼル川はドイツやルクセンブルクを流れる川の名前だったのですね。

それから、伝統料理!スモークした豚肉とソラマメの煮込み料理(料理名はドイツ語で長すぎて忘れました)が有名なのだと聞き、二人でオーダー。お酒も忘れてません、ルクセンブルクの有名なスパークリングワイン、Crémant de Luxembourg(クレマン・ド・リュクサンブール)、そしてモーゼルワイン(勿論白)も頂きます。「フランス料理のクオリティで、ドイツ料理の量だそうです」と後輩ちゃんが言っていたのはダテではなかったです。最後は修行僧の様に食べ続けました(美味しかったからこそ)。
 
ちなみに我々が行ったルクセンブルクメニューのあるレストランはこちらです⇒Um Dierfgen
広いお店でしたが、めちゃ混んでて、人気店のようでした。


めちゃくちゃお腹いっぱいの我々ですが、二人とも僻地で働く女子、どーしても譲れないものがもう一つありました。そう!!スイーツ!!!(モロッコにも、ウクライナにも繊細なスイーツはないんです…涙)チョコが有名と聞いて、チョコを食べない訳には行かないじゃないですか!?

そこで我々が選んだのは、Oberweis(オーバーバイスって読むんですって、勝手にオーベルワイスって読んでました)。ルクセンブルク王室も御用達なパティスリーだそうです。

あああああああ(発狂)!!小躍りする女子二人。
美しい。そしてチョコの国だからこそ、の、チョコ系ケーキの豊富さ。私、チョコはビターが一番好きなのですが、ビターチョコの良さ、あまりウクライナの方には伝わっていないらしく、ほぼ見つからないのですよ。


悩みに悩んでこちらのビターチョコのケーキを注文。

そして、もう一つの名物!ルクセンブルク・カプチーノ!!どーん!!!

普通のカプチーノと何が違うの?って一目瞭然ですね。ホイップクリームです!このたっぷりホイップクリームがルクセンブルク・コーヒーの特徴なのですって。

カロリー×カロリー!カロリーの宝石箱やー!(←ちょっとおかしくなってる)
とんでもない量のホイップクリームが入っていて、だんだん気持ち悪くなってしまって、結局二人とも大半取り除いて飲みました。笑。お店の人ごめんなさい。でもきっとこの経験が大事よね?


ルクセンブルク・カプチーノを注文される方、ぜひスーパービターな付け合せを選ぶことをお勧めします笑。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


そんなこんなのルクセンブルク小旅行、大満足で御座いました!もう少しだけ時間があったら、美術館とか博物館とか、アメリカ兵の墓とか、見たいものがあったな。いつかの機会に…。


あと、めっちゃ寒かったです。冬に訪問される方は防寒具など、お気をつけて。私も後輩もルクセンブルクから戻って発熱・ダウンしました。(雨が降ったときに傘をケチったせいかもしれない…。)


そして付き合ってくれたC嬢、電車の時間チェック等々色々改めてありがとう。楽しかったよ!また世界のどっか、旅しようね。


ルクセンブルク旅行記①へ戻る






↓ブログランキングに参加中です。よろしければ、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

拍手[7回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字