おしゃれバーバーショップで不思議な再会 便りがないのは良い便り~Pas de Nouvelles, Bonnes Nouvelles~ 忍者ブログ

おしゃれバーバーショップで不思議な再会

2016年03月23日
最近、近所(ショピングモール・ガリバー前)にできた、おしゃれバーバーショップ「Brazor」に行ってきました。

ネットでみても評価は悪くなさそうだし、Facebookにあがっているサンプルを見てもなかなかの出来栄え。キエフはやたらと美容院が多く、最近は男性向けのおしゃれバーバーショップも増えているので、どこが「本物」か見分けるのが大変です。もちろん店というより人次第なんでしょうけど。



こういうオシャレバーバーでは、大抵ゆったりしたソファがあり、ウィスキーとかが用意されています。なんでかわかりません。

この店は、キエフに長年住むグルジア人の兄弟が経営しているみたい。坊主にヒゲ、腕には刺青、イカツイ感じです。また客は悪そうな人やオシャレに気を使っているウクライナ人男性でいっぱいです。まだ開店して二ヶ月なのでいつも混んでいます。

で、店に入ると、昨夏ハイドロパークにあるプール付きレストランで働いていたアルバイト店員がいるではないか。

なぜ覚えているかというと、髭もじゃで双子。それでもって少し日本語を知っていて我々に話しかけてきたからです。「エミン」という名の彼(そして彼の弟)は目立つ風貌なので、なぜか街で何度か出くわしたことがあります。なんか不思議な縁だな。あっちも私、そして奥様のことしっかり覚えていて、しかも名前まで記憶しています。びっくり!

そんな彼と待ち時間色々と話していました。

「なぜこの店にいるんだ」と聞くと、「今見習いで勉強中なんだよ」と(俺と話していていいのか?!)。

「え、免許とかないの?」「この国ではそんなん関係ないよ」、ってそれはあるやろ。免許制度があるのか知りませんが、無くて働いている人はいっぱいいそうだ。確かに刃物を扱うという意味では怖いのですが、技術力があれば正直免許なんかなくても良いよね(昔の原宿カリスマ美容師を思い起こす...)。

で、その彼、実はクリミア・タタール人で、二年前のロシアのクリミア編入に伴い、キエフに引っ越してきたと。「ロシアが怖かったからではなく、周りの友達がロシア軍に入っていて、住みにくくなった」というのがその理由。「シンフェロポリはいい街だったよ」と少しさみしそうな目で回顧していました。クリミア、行ってみたかったなぁ。

そんな彼は日本が大好きで、Youtubeでアニメを見まくっているそう。確かに日本語少ししゃべれるんだよね。アニメ・パワーをみせつけられました。夢は日本に旅行で行って、ネットで出会った日本人と逢い、日本人の普通の生活をいろんな側面から観察したいということらしい。

ここでしっかり髪切って、貯金して、頑張って東京来てくれよな!

最後にここのバーバーショップ、なかなか良かったです。時間も短く(ウクライナは丁寧な人が多いせいか、二時間くらいかけて髪を切るところもあります...)、技術も良かった。悪そうなグルジア人の兄ちゃんがやってくれましたが、優しい陽気な感じでした。「がまるじょば(グルジア語でこんちわ)」と言ったら店中爆笑でした。発音悪かったかな。

値段は、カットで300UAH=1500円弱。日本人からしたらかなり安いんだけど、ウクライナではもっと安いところがあるみたいなので、高めの設定なのでしょう。髭剃りも綺麗にしてくれるので、また通うと思います。


↓ブログランキングに参加中です。よろしければ、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

拍手[6回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字