「水の都」リヨンへ 便りがないのは良い便り~Pas de Nouvelles, Bonnes Nouvelles~ 忍者ブログ

「水の都」リヨンへ

2015年08月26日
結婚式の帰り、リヨンで一泊しました。

リヨンはパリに続く第二の都市。パリからはTGVで二時間ほどです(東京〜名古屋くらいかな)。ソーヌ・ローヌ川が流れているため「水の都」と呼ばれたり、美味しいレストランが多いことから「美食の都」とか呼ばれてます。

旦那はフランスによく来ていますが、リヨンは初。
でもリヨン出身の友達もいて、絵葉書のようなきれいな街だよと聞いていたので、楽しみにしていました。

この街に到着すると、小高い丘に美しい聖堂が見えてきます。
街のシンボル、「フルヴィエール大聖堂」です。



ケーブル・カーもあるみたいですが、階段で必死にのぼって丘の上にたどり着くと、美しいリヨンの景色が一望できます。奥のほうは新市街で、この街は金融の中心地でもあるため、比較的新しい高いビルが並んでいます。


フルヴィエール大聖堂



最近、東方正教会に見慣れてしまったため、こういうのが新鮮。



リヨン・サンジャン大教会。



そして世界遺産に登録されている旧市街。ホテルもこのあたりで、古くて狭い建物を上手くリノベしていました。


「美食の都」だけあって、旧市街にはリヨン料理が食べれるレストランが軒を連ねています。


ソーヌ川。川がある街はいいよね。時間がゆる〜く流れている気がします。



リヨンの有名人を描いた壁画。『星の王子さま』が代表作のサン=テグジュペリもリヨン出身。リヨンの空港名は彼の名前からとっています。



そして旧市街のなかで長蛇の列になっていたジェラート・ショップ。
店の名前は「Terre Adelice」。過去最高レベルの味。季節のおすすめ、メロン味は絶品です。



あぁ、日も暮れてきました。
夜の旧市街、すごく落ち着きますね。



リヨンは想像以上に素晴らしい街でした。ヘタしたらパリ以上かも。街のサイズもちょうどよく、旧市街は落ち着いた雰囲気で、住みやすそうだなぁ。





↓ブログランキングに参加中です。よろしければ、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

拍手[2回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字