聖ヴォロディミール大聖堂で驚きの遭遇 便りがないのは良い便り~Pas de Nouvelles, Bonnes Nouvelles~ 忍者ブログ

聖ヴォロディミール大聖堂で驚きの遭遇

2016年02月28日
キエフに後輩夫妻が来てくれ、聖ヴォロディミール大聖堂を案内しました。



この後輩で、家族の来ウを含めると18人目。たいへんありがたいことです。って、実はみんな、ウクライナに興味あるんやん!(あ、我々がいないと絶対来ない国という言い方もできるかも)


さて現在、聖ヴォロデミールの夜はこんな感じでライトアップされています。美しいというか、少し怖いというか...


ウクライナ正教会は、モスクワ総主教庁、キエフ総主教庁、独立派の三派に分裂しており、ここはキエフ総主教庁の首座主教。ただし国際的な正教コミュニティからは承認されていません。唯一承認を得ているのはモスクワ総主教庁でペチェルスカ大修道院をベースとしています。でもマイダン革命以降はロシア、またロシア正教会との距離感からこちらに信者が移っているという話も。

そんなことを復習して訪れると...

なんと厳かな式が執り行われており、よく顔を見たら、総主教のフィラレートがおられました。これはなかなか貴重な経験。マイダンを支持したりと、アクティブです。


今年に入り二ヶ月で、グルジア正教会のトップ、ウクライナ正教会(キエフ総主教庁)のトップにお目にかかれるとは、なんとありがたいことでしょう。

今年、良いことが起こってほしいです。


Y様
息子さん無事おかえりになられたようで、良かったです。今年の冬は比較的暖かいようですので、そんなに驚かなかったかもしれませんね。また我々と同様、意外と住みやすいっておっしゃるかもしれません。このブログも引き続きよろしくお願いいたします!




↓ブログランキングに参加中です。よろしければ、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

拍手[3回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字