千円で「くるみ割り人形(Щелкунчик)」! 便りがないのは良い便り~Pas de Nouvelles, Bonnes Nouvelles~ 忍者ブログ

千円で「くるみ割り人形(Щелкунчик)」!

2016年02月12日
今回はバレエの定番「くるみ割り人形」を見にいってきました。

チャイコフスキーですね。

彼の出自がウクライナ・コサックにあったこと、今回初めて知りました。
そして彼のファーストネームが、ピョートルということ、今回初めて知りました。
お恥ずかしい!

「くるみ割り人形」はクリスマスにみるバレエの定番なんですね。
今回は時期が多少ずれているにもかかわらずほぼ満席。しかも老若男女、小さな子供たちがたくさん見に来ていました。小さいときから贅沢だなぁ!またアジア人もちらほら見かけました。今回はチケット購入に戸惑ってしまい、あまりよい席がとれず、二階のバルコニー席。値段200UAH(1000円弱)。でも舞台全景が見渡せ、そんなに遠くには感じませんでした。




それにしても「定番」を「定番」としてみる安心感が半端ない。前回のオペラ「モーゼ」はウクライナ版モーゼでしたから...。


知っている曲ばかり流れる嬉しさも半端ないですね。ただ「葦笛」が流れてきたとき、すぐさまソフトバンクのお父さん犬を思い出すとは、やはり下衆ですかね(苦笑)。

それにしてもバレエ、面白い。前回のジゼルも楽しめましたし、私、かつてダンサーだったので身体の動きをみるのがやはり好きなのかもしれません。動きがあるので、オペラよりも好きかも...。もう少し色々みて判断したいと思います(というか、キエフにいる間にいっぱい見て目を肥やさなければ)。





今度は「白鳥の湖」を見に行きたい!





↓ブログランキングに参加中です。よろしければ、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

拍手[5回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字