バビ・ヤールの悲劇から75年 便りがないのは良い便り~Pas de Nouvelles, Bonnes Nouvelles~ 忍者ブログ

バビ・ヤールの悲劇から75年

2016年10月05日
以前も、1941年に起こったナチスドイツによるユダヤ人虐殺「バビ・ヤールの悲劇」について書きました。その記事はこちら

悲劇から今年で75年。
先週、キエフ郊外のバビ・ヤールでは記念式典が開催され、各国首脳や高官が出席しました。

式典当日はさすがに行けないのでその前に公園を友人と再訪。
前回も訪れた記念像。これは76年に作られたものです。


そしてこれまで見たことのなかった記念碑も見て回りました。


メノーラ型の記念碑。イスラエルの国旗が被せられています。


イスラエルの首脳も記念式典のため、ウクライナを公式訪問(シモン・ペレス元首相の急死で、途中で切り上げたようですが)。それゆえ、キエフの目抜き通りには、ウクライナとイスラエルの国旗が並べて飾られていました。



公園内には「悲しみの道」があり、そこを辿っていくと様々な記念碑にあたります。



犠牲になった子どもたちの記念碑。



犠牲になったロマ人の記念碑。輸送につかわれた列車のかたちをしています。
 

そしてこの週は、文化イベントや学術イベントも同時に開催されました。


一日だけ、学術イベントに参加。会議では『民族浄化のヨーロッパ史』のノーマン・ナイマーク先生や、『ブラックアース』のティモシー・スナイダー先生の話が聞けるということ参加しましたが、告知されていた会場が異なりスナイダー先生の話は聞けず残念でした。「いま」の問題としてバビ・ヤールを振り返るという講演内容だったようです。

そして会場ではバビ・ヤールの展示も。


記念館はないので、これから作る計画があるようですが、なかなか資金が集まらないという話を聞きました。

最後に、ウクライナとユダヤ人に関する本、そしてバビ・ヤールに関する最新の学術本を記念に購入。しっかり勉強したいと思います。




拍手のお返事(遅くなってごめんなさい)
>K様
まだガリバーができる前でしたか笑。今は随分立派ですよ。地下に24時間営業の
巨大スーパーも入ってますし。建設中のモールは他にもあって、こんなに不景気なのに
作ってどうするんだろう、と思ったり思わなかったり…。

>Y様
北海道と似たような気候かもしれませんね。当地のヒーターは建物のセントラルヒーティングが
一般的で、ヒーティングの開始する時期は国が決めています。悲しいかなウクライナは
お金がなくて、今年のヒーターはまだ始まってないので、自分で暖房つけてなんとか
寒さをしのいでいます。寒いです…。







↓ブログランキングに参加中です。よろしければ、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

拍手[5回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字