バルト海の真珠:ラトビア・リガへ〜その1〜 便りがないのは良い便り~Pas de Nouvelles, Bonnes Nouvelles~ 忍者ブログ

バルト海の真珠:ラトビア・リガへ〜その1〜

2015年08月13日
週末、バルト三国の一つ、ラトビアの首都リガに行ってきました。奥様と母上と。

さて、いつもどおりラトビアの歴史を調べてみると...
こちらも複雑な歴史ですね。

ドイツ騎士団時代、ポーランド・リトアニア時代、スウェーデン時代、帝政ロシア時代、独立国家を経て、ナチス・ドイツとソ連に翻弄され、最終的にはソ連に。そして1991年に血を流して再独立を勝ち取ります。

どのような歴史展示がなされているか(個人的には)楽しみです。

飛行機で2時間弱(帰りは1時間半)。いつもどおり金曜の夜に出発して、金曜の夜にはホテルに入れる。キエフを中心に地図をみると、東西南北に3時間以内で色々な都市に行けるのは大変な魅力です。


さてボリスピリ空港に向かうと、いつもどおりタラップ!
と思ったら、飛行機内蔵型タラップ。
プロペラ付いているし...飛行機嫌いの奥様が恐れています。


今回は夜中到着だったので、そのまま就寝。
観光地にもすぐアクセスできるアパートメントホテルに滞在しました。

実質、二日目。
まずは、Navity of Christ Cathedral
これ、正教会ですね。ロシア帝国時代につくられたとかで、ネオ・ビザンチンスタイル建築。


そしてリガの象徴、自由の記念碑。
ラトビア独立戦争(1918〜20年)で命を落とした戦士のために1935年に作られた。ただその後のナチ時代とソ連時代には、それぞれ都合の良いように記念碑は解釈されたみたい。悲しい歴史。


リガと言えば「猫」らしい。土産屋には、猫ものがいっぱい。それはここから来ている。屋根の上に猫が。


街なかは「ドイツよりもドイツらしい」と言われるだけあり、かわいいヨーロッパの町並み。



ラトビア伝統のデザイン。厚手の靴下と手袋。冬は極寒なんやろうな。
おしゃれ普段着として取り込める伝統デザイン、いいですね。
ここで奥様はかわゆいワンピを購入。
観光客のドイツ人おばちゃんグループにめちゃ褒められていた。


そういえばこの街、観光客多いなぁ〜。なにしろ観光客の受入体制がしっかりしている。そしてみなさん英語がかなりうまい。さすが小国(216万人)で、EU加盟国。外向き志向ですね。ウクライナから来たせいか、特にそう思うのかもしれません。そして観光客はロシア人とドイツ人が多い印象。

聖ペテロ教会とブラックヘッド会館


リガはかつて「ハンザ同盟」に参加。同じくハンザ同盟の中心都市ブレーメン市とは姉妹都市で、そこから送られたのがブレーメンの音楽隊像。「ハンザ同盟って、あの世界史で習った、なんかドイツの...?」て感じですが、主要交易路の地図でみると一発で理解できます。



ちょっと休憩。食事はラトビア料理っていっても、この地域結構似ているよね。
普通にボルシチとかもあったしね。でも美味しかった。

そしてゆっく〜り、まった〜りしていると、いきなりパレードが始まった!!

軍関連のパレードのようだが、今日は何の日?
色々調べて見ると、伝説的なライフル部隊が創設されてから100周年というお祝いらしい。

ラトビア軍は最近のウクライナ情勢を受けて増強中。ロシアへの脅威認識を高めています。国内にロシア系が30%近くいるので、ウクライナと同じようなことが起こるのではないかとの意識。

ただし、ラトビアはEUとNATOの両方に加盟しており、通貨は昨年よりユーロです。
独立後25年でついた、ウクライナとラトビアの「差」について色々考えながら歩いていました。




そして占領博物館へ。
ここもやはりドイツとソ連に翻弄された国。ナチ時代とソ連時代にフォーカスを当て、そこで独立のために闘った市民を賞賛するという流れの展示。



この後は、バルト海に注ぐダウガワ川をクルージング。リガは市内中心部に公園が多く、緑がおおい。気持ちいぃ。


この日は真夏にもかかわらず、日中16度。少し肌寒かったですが、猛暑続くキエフからきたので、良い避暑になりました。でも、一日がながーい。23時くらいまで真っ暗になりません。不思議な感覚。短い週末の旅ですが、一日が長いお陰で様々なところを散策できます。

 
 
〜その2〜に続く...




◆バルト三国訪問記
◇ラトビア編
バルト海の真珠:ラトビア・リガへ~その1~(このページ)
バルト海の真珠:ラトビア・リガへ~その2~

◇リトアニア編
リトアニア訪問記①~シャウレイの十字架の丘とカウナス~
リトアニア訪問記②~首都ヴィリニュス街歩き~
リトアニア訪問記③~KGB博物館~


↓ブログランキングに参加中です。よろしければ、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

拍手[3回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字